骨の記憶〜冬の章〜の最近のブログ記事

You tubeにアップ

| コメント(0) | トラックバック(0)
10687011_934399106574626_30784221112968620_n.jpg

10685562_934396969908173_4258279618869176677_n.jpg

10603769_934396656574871_3850235230722573614_n.jpg Photo:Tatsuhiko Shimada

秋に春の話を。。。
今年春5月立夏前にセッションハウスの2階のギャラリースペース ガーデン にて
おこなった投げ銭制ライブ 
実際は40分ぐらいあったかと思いますが 3〜4分ほどに編集されていて、
これがみやすい。ふと数分ワープしたいときにぜひ!

今年春立夏前に 春のカラダがぜひとも伝えたい事があるというので急遽企画したもの
Bone Memory chapter winter 4th may 2014




下記の動画はフェイスブックに公開していたものですがYouTubeにもアップしました。
こちらは 写真家 島田達彦さんととりためている写真のプロジェクト「今の東京」
の動画ヴァージョンです。
   January2014


下記はすでにYou Tube アップされていますが先日再生回数3000回を突破しました。
ふとちょこっと本を読みたい気分のときにいいかもしれません。息をひそめてみて下さいね
鴻池朋子さん作品を訪ねて秋田の森吉山へいったときのものです。
山小屋にて 2013 August


お外ダンス (鎌倉 アイスランド 女川 石巻 三春 パリ バルセロナ)
ちょこっと度をした気分を味わってもらえたら。。。
Junko Okuda Improvisation 


過去の作品
透tou    
人の生きる時間は光が布を通過する時間にも満たないかもしれない
カラダが透けていく 実態は影なのかもしれない曖昧な存在 (50min)
透tou1min ver 
5min ver
https://www.youtube.com/watch?v=_aQ9lZHFzAg

骨の記憶1章
10min ver    
https://www.youtube.com/watch?v=Fn_zZFGc2z0

Bone Memory chapter winter
https://www.youtube.com/watch?v=HzG68Ik05eQ

春かけこみ!

| コメント(0) | トラックバック(0)
20140428_image1.jpg

冬の章 無事終了

| コメント(0) | トラックバック(0)
今1月末からの日記アップ。
頭ははっきりしてきた。


遅ればせながら

骨の記憶〜冬の章〜 

無事終了致しました。

きてくださったかた
みまもってくださったかた
気にかけて下さった方
ここまでの道のり関わって下さった方々
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

前回の9月の第1章から
今回の〜冬の章〜 までのあいだにあったこと
日常も含むすべてがあって 冬の章があります。

この〜冬の章〜
   納得しています。


内容について触れたいところですが、
私は
あの日あの場に居合わせた方々と共有したその中で今は大切にしていたいと思います。


ふと
アートって
そういう希少性というのかな
限られたところで
作品によって選ばれたような
よばれたような自ら来たような
そんな人のなかにあるものなんじゃないかな
と思う。


世の中に広く知られるとか その部分は、そのあとの部分で



それはきっと

人ありき
そして愛ありき

の愛にあたるような部分で


そんな大切な事を気付かせてくれた 冬の章 でした。








全ての人に感謝を捧げます。









そして
この世に出流事のなかった命のしずくの居場所を 此処 冬の章に。


                                                                                   5th Feb  2010         am5:30 

















IMG_1315s.jpg

半分覚醒

| コメント(0) | トラックバック(0)





まだ意識が正常に機能しない







やらなければ行けない事はあるのに










その前に 冬の章 のこと考えたいともの申す 君

なのに いっこうに頭が動かない




ならば、体から動かそうと
クラス受けにいくが
心臓の痛みと息切れ
まいったな。
そのまま教えて帰り

また、寝床につかず
考えようとして朦朧とする。



ふと何かが抜けて





手元にある本番前日のビデオをみる。




何か納得して
半分覚醒状態。

ただ人がある

| コメント(0) | トラックバック(0)
ミューズの不調を気にしつつ朝から仕事。
雪のせいで駅がまるで初詣

午後の打ち合わせの前に様子見に戻る
だいぶ回復していてほっとする。

寝不足のせいか あたまがぐるぐるまわってホームでよろける。
打ち合わせを終えて 自分ご褒美に不二家のミルキーパイシュー
帰宅して食べつつ
意識が朦朧として
気付くとうづくまっているか 犬を抱いて横になっている

頭が動かないのに寝る体勢にはいれない。



友人トのメールのやり取り
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ひとつひとつ よし と自分で マルをうつ度に 
死ぬ準備ひとつできたな。と思う昨今、 
年とったな と思うと同時に 
楽しい。 
暴走してた昔にはわからなかったこと 
味わうということ。 
味わってきたけど、 
そうだな、最近特に 
人と人が直にぶるぶる って音がするようなふれあうようなところに直面して ぶるぶるする。 
ようやく生きるということを理解しているのかもしれない。 
年を取るほどに 生きる事 素敵だな と思う。 
愛とかそういうことのまえに 
ただ人がある そのことが無条件にいいな って思う。 

B 。。。.

| コメント(0) | トラックバック(0)
昨晩 楽しく帰り着き、
ワン子たちの期待のまなざしをよそに床に倒れる。
ごめ〜んね〜 
と横になる事30分
なんとか散歩にいく決心をして
外へでる。
帰ってきて へやの布類を洗いつつ夜中の掃除。
そのまま、お嬢ワン子たちを洗って、ついでにメールもうって2/1朝の10時
夜のクラス(好きな先生なので)受けにいこうと仮眠をとる。
午後2時半目覚め、はっと気付き雑事。今週のスケジュールが次第に埋まっていく。
ふと、脳内と体がばらけてることを感じ 家にいる事にする。
ノートを広げ考え事をするが 脳みそがシェイクのようにとろんとして流れていかない。
気付けば雪。

ギフト、、、
昨日のPFの最後のシーンは一面の雪
雪は始めからあったイメージ
偶然にも昨年末長野の出張仕事が舞い込み
つんとする雪の空気と
素足に雪の感触を刻み付けた ことがフラッシュバック









そして、、、
ミューズ(ワンコ)がすこぶる不調。洗ったばかりの部屋の中のものが、、、
それより、この子の一大事。
夜中、様子をみる。明け方小一時間ワンコベッドの横に布をしいて横になる。

テキスト 冬の章

| コメント(0) | トラックバック(0)

〜成分分析〜


〜stove〜

ひとの骨の奥には焼却炉があってね

それまでの過去を燃やしてるとも言うし

マッチ売りの少女のように 過去の大切なFileを映し出しているともいう

赤い火の時も青い火の時もある


〜命のしずく〜

こぼれおちる

あつめても あつめても

拾いきれないのはわかっていても

拾いたいと思う

自分の時間などというものは

生きてる時間などというものは

ほんの少しで

無数にきらめく命のしずく

そのひとつにすぎない


ときおり その間をさまよい

ひもとく

私に非がないといえばなく

あるといえばある

それはもはやどうでもよくて

ただ忘れないように

ほわっと思い出すことにしている

なんにもならないけれど

だからなおさら思い出す

いたみもこうかいも もうなく

だから忘れないようにしている


ひとしずく ひとしずく

その光は美しすぎて

心躍る

人静く


〜雪の花〜

ふわりと魂のあかりが雪原に腰をおろす

まわりの氷がとけ魂のまわりが再び氷る

魂の呼吸のたびにゆきがとけまわりの冷たさにまた氷る

不思議なその形は人の様でもあり花びらの様でもある

花の中央には灯火のように魂のあかりが光を放っている

小さくかすかにそして確実に

花はみるみる大きくなり しずくを落としつつ空へむかってのびる

そして私は立ち上がりそっと雪の上に一歩をふみだす

体温が奪われていく快感 足が雪と同化する喜び

くずれながら咲く花 そっとそっと

風とともに大きなエネルギーが雪を蹴散らし

私はある場所をほりばさっと背中をつく

雪を抱きしめ大地に鼓動をこだまさせたちあがりスライドする

ふわりと体が浮遊したかと思うとまきあがり体をかけぬける

私は雪原をかけまわり気がつくとあの穴の前にいた

とうの昔に燃やしたもの

すくいあげまきあげてなげつけて叫んだ。

そんな自分に驚いてとりつくようにしどろもどろして手足をこすり

それすらももどかしくてなげだし しゃがむ

しきりなおそうと新しい雪の上によこになる。


雪の花はそうやって

現れては消える

理由などはなく

でも存在なんてものはそんなものだと

後付けの意味などなんの意味もないと

ただそこにたちあったものだけがしりえる事実が全てなのだと

誰かが教えてくれた。

1回だけど3回

| コメント(0) | トラックバック(0)
今回1回公演
だけど、3回のつもりでやっていた。
昼1人はいって、通す。
すっきりと答えが出ていないところをほる。

16時まえ 音のよしひさんと ビデオのMさんがくる GP
私にとっての2回目

ああ、ヒット した。
こういう瞬間がたまらなくて つくることをやってるともいえる。

3回目 本番
昼のGPとはまた違う流れ。
いいとか悪いとかではない。

頭が朦朧とする中お辞儀と挨拶
でも、その実記憶が朧げ。すみません。。。

終えて
よしひさん よしひさん奥さんと ご飯。
話す。
楽しい時間
冬の章までに出来た画像
などをみせつつ。

骨の記憶 冬の章

| コメント(0) | トラックバック(0)
骨の記憶 1章のつづきとも裏ともいえる作品です。
特殊な照明を使わず ダンサー自身が明かりをつけ 変化させ 消す 
息をひそめてみて欲しくて 白い フォトスタジオ を使わせて頂きました。


2010年1月31日 19時〜
40分

演出(Light) 振付 ダンス Junko Okuda



冬DSC09682.JPG

冬DSC09692:6c.jpg



冬DSC09710:6c.jpg











〜成分分析〜













冬DSC09665:6c.jpg

〜stove〜

ひとの骨の奥には焼却炉があってね

それまでの過去を燃やしてるとも言うし

マッチ売りの少女のように 過去の大切なFileを映し出しているともいう

赤い火の時も青い火の時もある








〜命のしずく〜

こぼれおちる

あつめても あつめても

拾いきれないのはわかっていても

拾いたいと思う

自分の時間などというものは

生きてる時間などというものは

ほんの少しで

無数にきらめく命のしずく

そのひとつにすぎない


ときおり その間をさまよい

ひもとく

私に非がないといえばなく

あるといえばある

それはもはやどうでもよくて

ただ忘れないように

ほわっと思い出すことにしている

なんにもならないけれど

だからなおさら思い出す

いたみもこうかいも もうなく

だから忘れないようにしている


ひとしずく ひとしずく

その光は美しすぎて

心躍る

人静く


冬DSC09681:650px.jpg



〜雪の花〜

ふわりと魂のあかりが雪原に腰をおろす

まわりの氷がとけ魂のまわりが再び氷る

魂の呼吸のたびにゆきがとけまわりの冷たさにまた氷る

不思議なその形は人の様でもあり花びらの様でもある

花の中央には灯火のように魂のあかりが光を放っている

小さくかすかにそして確実に

花はみるみる大きくなり しずくを落としつつ空へむかってのびる

そして私は立ち上がりそっと雪の上に一歩をふみだす

体温が奪われていく快感 足が雪と同化する喜び

くずれながら咲く花 そっとそっと

風とともに大きなエネルギーが雪を蹴散らし

私はある場所をほりばさっと背中をつく

雪を抱きしめ大地に鼓動をこだまさせたちあがりスライドする

ふわりと体が浮遊したかと思うとまきあがり体をかけぬける

私は雪原をかけまわり気がつくとあの穴の前にいた

とうの昔に燃やしたもの

すくいあげまきあげてなげつけて叫んだ。

そんな自分に驚いてとりつくようにしどろもどろして手足をこすり

それすらももどかしくてなげだし しゃがむ

しきりなおそうと新しい雪の上によこになる。


雪の花はそうやって

現れては消える

理由などはなく

でも存在なんてものはそんなものだと

後付けの意味などなんの意味もないと

ただそこにたちあったものだけがしりえる事実が全てなのだと

誰かが教えてくれた。


冬DSC09597:6c.jpg

















冬DSC09595:6c.jpg















冬DSC09593:6c.jpg

音合わせ

| コメント(0) | トラックバック(0)
今回のファーストセッション
しゃくもきっかけも特に説明する事なく
アトリエの主のマウスのクリック音が響く中
初合わせ
お互い伺う探りあうところがあるのは 当然の事。


家に帰りそのまま寝ようと思いつつ
ビデオを見て策を練る。
ああ。と
ポイントに気付く
ビデオをみる前にみようと思っていた 写真集ひっぱりだす。
友人より借りていた サルガド
お気に入りの マイケルケンナ

最近のコメント

アイテム

  • 10603769_934396656574871_3850235230722573614_n.jpg
  • 10685562_934396969908173_4258279618869176677_n.jpg
  • 10687011_934399106574626_30784221112968620_n.jpg
  • 10351589_920136261334244_73125660190030954_n.jpg
  • 10392300_920136241334246_768085928906421195_n.jpg
  • 10530909_900964336584770_1554388589252468429_n.jpg
  • 10525579_900963676584836_6866574290153225066_n.jpg
  • 10600634_921680331179837_6738949481452618590_n.jpg
  • 10171218_926404954040708_8348507156023659011_n.jpg
  • IMG_3006.JPG