Profile(メディア項目追加)+ENGLISH ver.

hp_scanDS_61210432412.jpgJunko Okuda
振付家
空間立ち上げ系ダンサー
インストラクター
神戸芸術工科大学ファッションデザイン科非常勤講師

身長177cm

恵泉女学園人文学部英米文化学科卒業。言語とアイデンティティの関係に興味を持つ。
9歳のとき小波モダンバレエ研究所にて、病弱だったからだを強くするため通い始める。小波俊子、池田瑞臣&和田寿子、竹屋啓子のもとで学ぶ。現代舞踊協会公演、竹屋啓子コンテンポラリ−ダンスカンパニー、ダンスカンパ二ーノマドなどの作品に出演。
 1996年渡欧。オランダのロッテルダムアカデミーダンサーズコースにて1年学ぶ。イ スラエルキブツコンテンポラリーダンスカンパニーにてクリエーションワークしたのちスイス(チューリッヒ)、パリ、アムステルダムへ渡り1998年末帰国。 帰国後、日玉浩史(元ローザス)、野和田恵里花(バオバブプラネット)、近藤良平(コンドルズ)&坂東扇菊、松本大樹らの作品にて踊りつつ、野外街中でのビ デオダンス撮影など実験的活動と腰を据えて創り込むソロ作品をつくる活動を続けている。
 2003年第2回ソロ公演作品「静かな距離」は東京テルプシコール初演後、日韓ダンスコンタクトvol.2にてソウルのシアターゼロ(韓国)にて上演。2005年リメイク版を東京の青山円形劇場にて上演。第3回ソロ公演「透tou」はプロトシアター初演後、2007年上野の森美術館全館をつかい展示作品とのリフレクションを楽しむ「透tou ver.reflection」として発表。リアルタイムで構築されるArtとダンスの新しい関係性と観客と作品の新しい関係性を生み出した。2009年第4回ソロ公演作品「骨の記憶-第1章-」は、銀座小劇場にて大人の動く絵本というコンセプトにより懐かしさ土臭さを表現。見るものの記憶を呼び覚ます。2010年第5回ソロ公演作品「骨の記憶~冬の章~」は極限られた人へのメッセージとして写真スタジオにて少数の観客のために上演。Artの希少性を提示する。2012年12月から2013年1月には2001年ソロ公演作品A woman in the roomを明日館にてフランクロイドライト建築の中、建築家 奥村昭雄氏のイス(ミニチュア版と実寸)を使い今という時間にフィットするように再構築し再演。12年のときを継ぎ足す。同年2月に4人ヴァージョンに改訂版を発表し今の時代性、普遍に存在するものを追求する。2013年渋谷space EDGEにて「鋭~edge~」では、観客移動型、オリエンテーリング方式。観客が作品の一部となり、開演前のそれぞれの過ごした時間が作品の一部となる。リアルタイムで観客と構築される時間からダンスが展開。観客もともに現実のEdgeに立つラストとなった。2014年「骨の記憶ー春の章ー」はセッションハウスガーデンにて茶話会形式投げ銭制。春の日の非日常をテーマにダンスと観客の対話の場となった。2015年2月3月「ZURE間」は、パリとケルンより招聘を受け、東京を含め3都市5公演行う。「間」をずれ(ZURE)、日常の裂け目とした新たな解釈と西洋メソッドの動きの中に日本的な時間が存在すると好評を得た。


<企画>

より多くの人々にダンスを観に行く事を身近なものと感じてもらえるよう 低コスト、客席との距離を縮めるなどの工夫を重ねている。

 2003年 舞台装置照明を使わずダンスそのもの作品そのものをみせる企画「洞察ノ放ツ衝動」を野和田恵里花、松本大樹らと立ち上げ

     2005年まで7回行う。

  2006年11月 ものを創る、創らせる力に着目し、それらの創造するエネルギーに重きをおいた企画「非常口 ココニアリ」を立ち上げる。

     Part1では 作品展示、クロッキーショーとダンスを絡めたイベント(11/12~23)  

     Part2では 'ダンスを食す' をテーマにサロン的ライブ的公演を企画、行う。

<コラボレーション>

美術家 写真家とのコラボレーションも行っており、アート作品を見る人に近づけるダンス、作品の強度を上げるダンスを作家の意思を読

み解きつつミーティングを重ねながら模索している。

2007年 上野の森美術館での現代美術インスタレーション作家 和田みつひと個展オープニングにて200人動員。

    「春の祭典」を使い作品解釈をダンスで感覚に訴える。

2009年 Loop Hole Galleryでの和田みつひと個展イベント。

    作家より提示された「インスタレーション作品をもとにArtの可能性を先に進める事」にチャレンジ。

2011年 恵比寿Gallery MA2 での和田みつひと個展イベント。建物3階から1階内部及び外観を使い作品と向き合う。

2012年 ギャラリー古今での大滝正明個展イベントのオープニングとクロージング。

    観客を巻き込みながら作家の作品意図を伝えるパフォーマンスと作家の創作背景を映し出すパフォーマンスを発表。

 
 2003年に、舞台装置照明を使わずダンスそのもの作品そのものをみせる企画「洞察ノ放ツ衝動」を野和田恵里花、松本大樹らと立ち上げ2005年まで7回行う。
  2006年11月 ものを創る、創らせる力に着目し、それらの創造するエネルギーに重きをおいた企画「非常口 ココニアリ」を立ち上げる。11月は 作品展示、クロッキーショーとダンスを絡めた イベント(11/12~23)    12月には「非常口 ココニアリ PART2」として、'ダンスを食す' をテーマにサロン的ライブ的公演を企画、行う。(出演:じゅんじゅん 高木まゆ タカハシ佳 Junko Okuda)

<ダンス講師歴> 
1993~1997年小波モダンバレエ研究所にて子供から大人までのクラスを受け持つ
2003~2006年ダンスクラスCAMUSを渋谷、お茶の水にて主催。
       バレエクラス、コンテンポラリーダンスクラスを展開。
そのほか、リラクゼーションダイエットクラス、バレエエクササイズクラス、ボディコンディショニングダンスクラスなどの講師経験を持つ。
2007年より 銀座マツザカヤレディススクールにてバレエ入門クラス担当。
2008年 マツザカヤカルチャースクールにてリラクゼーションストレッチクラスオープン
2010年 コナミスポーツクラブ 
    フィットネスプログラム カルチャープログラム 
    バレエ、 ボディコンディショニング 子供クラス 担当
2011年 銀座おとな塾にてバレエベーシック ボディコンディショニングコンテンポラリー
    を担当
2014年 よみうりカルチャー錦糸町にて体調整バレエ リラクゼーションストレッチクラス   担当

<主な作品>ー

      「ZURE間」    2015年2月3月 パリ ベルタンポワレ 

                     ケルン ケルン文化工房 

                     東京 セッションハウス

      「骨の記憶 春の章」

              2014年 5月 東京公演 セッションハウス


       「鋭 Edge」
                                                 2013年11月 space EDGE 渋谷
       「骨の記憶 冬の章」
              2010年1月 アトリエナム 

       「骨の記憶 第1章」
               2009年9月    銀座小劇場

       「透tou」   2006年5月 東京 プロトシアター初演
                                               2007年9 月    reflection ver.を上野の森美術館全館移動型

       「静かな距離」 2003年3月  東京初演(中野テルプシコール) 
               2003年11月 ショートver.をソウルにて発表。
               2005年2月  リメイク版を東京青山円形劇場にて発表

       「A woman in the room」
               2001年  6月 パリ 初演
               2001年12月 東京 テルプシコール ロングver.
               2013年1月 東京 池袋 明日館 リメイクver.
               2013年2月 東京 セッションハウス 4人ver.
                                                                            セッションハウス カトルカールプロジェクト


<メディア>
2000年 オンステージ ソロ作品 「砂漠」批評
2005年 オンステージ ソロ作品 「静かなキョリ」(青山円形劇場 日韓ダンスコンタクト)
2007年 美容雑誌Body+にて独自のエクササイズを紹介
2007年 チャコットウェブマガジン 「透tou reflection ver.」批評 掲載記事
2008年 雑誌 HUGE にて写真モデル
2009年 ウェブマガジンmoonlinx インタビュー記事掲載  掲載記事
2013年 音楽舞踊新聞2919号「鋭Edge」批評
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Junko Okuda   www.junkookuda.com     info@junkookuda.com 



Solo Long(177cm)dancer/ choreographer/part time teacher in University of Art and Technology

live in Tokyo JAPAN                                                           

 

<STUDY>

1994  graduated from Keisenjogakuen College.major in linguistics and  cultural communication


1982~1991 sutudyed in private dance sutudio in Tokyo

1996~1997 studyed in Rotterdam dans Akademie in Holland as a guest student(dancer's department)


<dancer>

1994~1995 danced with japanese dance company (Keiko Takeya CDC, Dance company Nomade~)

1997 creation worked with Rami Beer(Director of Kibbutz dance company) 

1999~2010 work with Japanese choreographers ( Koshi Hidama,  Erika Nowada,  Ryohei Kondo,  Taiju Matsumoto)


<Choreograph Solo Works>→MOVIE is here!

1999 started solo work 

2001 started Solo Project(Paris, Soul,Tokyo)

                            ー2013 鋭edge  75min

                              ー2010'Bone Memory  chapter winter2010 (40~60min)→prefer to white space, use marbles

                              ー2009'Bone Memory chapter?2009 [54min]

                         --2006' 透tou'  [53min] → prefer to white low space

                              ー2003'Silent Distance' (30min ver  50min ver )

                              ー2001' A woman in the room' [60min]→ use at least 7chair



<My Produce>

2003~2005 project 'Dousatuno hanatu syoudou' = without stage light , just try to choreograph dance

2006~2007 project 'Hijouguti kokoniari' = dance out of the theater with dancers,  artist,  cafe, food, art exhibition

 

最近のブログ記事

キレイになる日
不思議なつながりで木漏れ日の美しい とあ…
6月ですね
お元気ですか?現在しとしと梅雨ですね^^…
Silent Distance ver.DUO you tube up
Silent Distance → YO…