2016年2月アーカイブ

こんにちは。春よ、来い!
そう思いつつ
さてさて
淡路島で踊る機会をいただきました。
淡路市と淡路島アートセンターのプロデュースする
GOSSA walking museum のオープニングイベントです
ふーやんさんライブペインティング イベントに参加させていただきます
 3/12土曜日13時から
12662435_1367600139932588_8631930736263780632_n.jpg



コトリさん

| コメント(0) | トラックバック(0)
FullSizeRender-12.jpg


コトリ花店さん

 

出会いは 昨年7月

正確に言うと コトリさんのお花との出会いは6月

ギャラリーで見かけたお花に魅了され 

大切な時にはこのお花屋さんにお願いしたいと

7月に 両親の快気祝い

(二人一度に倒れたものの互いに相手を祝いあった美談とも笑話ともいえるお祝い) 

にことり花店さんにお願いしたところからお付き合いが始まり、

J.O アトリエはコトリさんのお花からふんわりやさしさをいただいています。

12月のJ.O主催イベント

心と体を遊ばせる日 では空間の一部をコトリ花店さんのお花さんがほわりとやさしさで満たしてくれました。


FullSizeRender-7.jpg


ここに行くとほっくりと和みます。

コトリ花店 お花もお店も素敵そうですが

店主のりかさんが素敵


彼女とのコラボ企画をずっと考えていて

3月あたり叶いそうです!


小さな空間で ほわりと こくんと 柔らかにしっかりと手渡したいものがあるのです。

そっと 興味のある方にだけお知らせと思ってるので

興味のある方はおしらせくださいね^^


IMG_7240.JPG

淡路島始まり

| コメント(0) | トラックバック(0)

淡路島との企画を練っている時に

神戸のダンサーのちえみと話しました。

地方でのプロジェクトは

継続的でないと意味がない。

 彼女は名古屋出身で今は神戸にいます

オーストラリアにいたこともありました。

セルビアにいたこともありました。

オランダにいたこともありました。(オランダは私も住みましたが)


地方でのプロジェクトは

外から何かを持っていくだけでなく

その土地からの自発的な動きがあることが望ましいこと

それが一過性で終わるのではなく

発展していくものとなること

どうしたらいいかね

とうちのアトリエでインプロしながら話したのが始まりです。


始まり、、

その先は、、また次のブログでね^^


淡路島訪れる 

| コメント(0) | トラックバック(0)

淡路島、、

事の発端は、、そうですね

ここから行きましょう。

私は

神戸芸術工科大学で非常勤講師をしています

ファッションデザイン学科で

ファッションと身体表現という授業を受け持っています

イメージを形にする点では

ダンスもファッションも一緒


私の担当させていただいている授業では

体の動きや 体と動く布 衣服の動き

体の発するエネルギーや存在感 

体がそれをコントロールできることを知ってほしいなと思っています。


でも、、、

何よりも

体の美しさ

人の美しさ を堪能してほしい。


そして、、

人は美しさを日々見つけることができること 覚えていてほしい

視覚的にも心でも


とそんな風に春から夏までの時期は神戸へ行く日があります。


せっかく西の方まで行って

せっかく私より新しい 先の感覚を持ってる学生さんたちと触れ合っているのだから

もう少し活動を広げたいなとリサーチを始めるうちに

淡路島 が琴線に引っかかりました。

淡路:日本の始まり

何かあります。


何かあるなというカンを頼りに

何のつながりがないところから

友人に声をかけ情報を集め

ウェブサイトをくるくる回り

アートセンターとくにうみ協会というところにたどり着きました

神戸に住んでいるダンサーのちえみちゃんも助けてくれました。

淡路島アートセンターのサポートしている 瓦の音楽(津井) や 森を歩くミュージアム(五斗長)

の存在を知りました。


そして、、

先日(1月)

ようやく

行ってきました。


第一印象

柔らかい

色も

海も

人も


くにうみ協会でお話しをお聞きして

アートセンターでお話しして

森を歩くミュージアムの五斗長へ

とても素敵

自然そのものがアートです って 体で感じました。

思わず体が踊り出します。


そのあと移動して

まず出会ったアーティストがふうやんさんでした

この日はトンネル壁画を描いていて

これが本当に楽しい絵で ついつい体が体の殻から抜けていく

ふうやんさんは人の形をした妖精さんみたいな人で、、

とっても素敵


瓦の街 津井 はこれまたしゅっと素敵です

この日ご案内くださった アートセンターの渡邉さん 中田さん

カナダにいたりアフリカにいたり

ニュージーランドにいたり

のグローバルかつ自由な視野の方達で

私が 踊っていても子供のように瓦で何かを探していても

じっと見守ってくださって本当に感謝でした。


津井は日暮れどきが綺麗なんだ  と

海でふっと過ごし、

昔海に投げ入れた瓦が丸くなって海岸に上がってきてるところへ連れて行ってくれました。

その時に丸くなった瓦を拾いながら見た雲 今も思い出しています。

日本昔話に出てくる雲そのものでした。



もう20年ほど前 イスラエルのナハリヤの海岸線で感じた風を思い出しつつ

3月の淡路島での企画に思いを馳せています。


これが始まりです。



大切なもの

| コメント(0) | トラックバック(0)
先日ふと以前使っていたブログを見つけました。


2005年のブログ



次の違いは?


  これだけのために生きている   VS  これがあるからから生きている。

  酒だけのために生きている。   VS  酒があるから生きている。

  金だけのためにいきている。   VS  金があるから生きている。

  この子だけのために生きている。 VS  この子があるから生きている。


  大切にしているものだけのために VS  大切にしているものがあるから
          生きている             生きている

昔の自分が今の自分に質問しているようです。^^

どうでしょう?

かつてのブログ



最近思うこと

| コメント(0) | トラックバック(0)
最近気がついたこと
心が動いて
何かドキドキした時
ワクワクした時
体が一気に熱くなる
冷え切っていたとしても一気に温かくなる

プルルっと振動し始める
体の芯が
心の芯が
私自身が
気がつくとダンスしてる
身体が動かせ無かったとしても
ダンスしてる。

ああ、よかった
世界がここにあって
自分がここにあって。

ごく当たり前のこと

何かの最小単位

それから考え始める
世界があって、そこには 沢山問題があって
ちゃんとどうしたらいいのか考えなくちゃ
生きている限られた時間に自分にできること

プルルっと振動していれば

ちゃんと考えることできるんだってことに
また気づく。

すぐに答えは出なくとも

プルルっと振動していれば
考え続ける。
そしてアクションにつながっていく
つなげていく!