2014年9月アーカイブ

You tubeにアップ

| コメント(0) | トラックバック(0)
10687011_934399106574626_30784221112968620_n.jpg

10685562_934396969908173_4258279618869176677_n.jpg

10603769_934396656574871_3850235230722573614_n.jpg Photo:Tatsuhiko Shimada

秋に春の話を。。。
今年春5月立夏前にセッションハウスの2階のギャラリースペース ガーデン にて
おこなった投げ銭制ライブ 
実際は40分ぐらいあったかと思いますが 3〜4分ほどに編集されていて、
これがみやすい。ふと数分ワープしたいときにぜひ!

今年春立夏前に 春のカラダがぜひとも伝えたい事があるというので急遽企画したもの
Bone Memory chapter winter 4th may 2014




下記の動画はフェイスブックに公開していたものですがYouTubeにもアップしました。
こちらは 写真家 島田達彦さんととりためている写真のプロジェクト「今の東京」
の動画ヴァージョンです。
   January2014


下記はすでにYou Tube アップされていますが先日再生回数3000回を突破しました。
ふとちょこっと本を読みたい気分のときにいいかもしれません。息をひそめてみて下さいね
鴻池朋子さん作品を訪ねて秋田の森吉山へいったときのものです。
山小屋にて 2013 August


お外ダンス (鎌倉 アイスランド 女川 石巻 三春 パリ バルセロナ)
ちょこっと度をした気分を味わってもらえたら。。。
Junko Okuda Improvisation 


過去の作品
透tou    
人の生きる時間は光が布を通過する時間にも満たないかもしれない
カラダが透けていく 実態は影なのかもしれない曖昧な存在 (50min)
透tou1min ver 
5min ver
https://www.youtube.com/watch?v=_aQ9lZHFzAg

骨の記憶1章
10min ver    
https://www.youtube.com/watch?v=Fn_zZFGc2z0

Bone Memory chapter winter
https://www.youtube.com/watch?v=HzG68Ik05eQ
tea_work_170.jpg tree_hause_330.jpg

本日 稽古後
ワタリウム美術館へいき、現在開催中の磯崎新展のイベント予約制モンドリアンのお茶会へ。(毎週水曜日18時です) 
日本の 間 展の際にあった茶室を再現すべく2014年ワタリウム版茶室なのだそうです。美味しい虎屋のお菓子(和菓子なのにモンブランのようでした)とこだわりのお水お茶 こだわりの茶器でいい時間でした。
残念だったのはパリの日本の間展のプログラムが展示されてるのですがみれない。。日本の文化 空間をわかりやすく説明してあるようなのでぜひみたいと思ったのですが。残念。。感覚で理解してるものは感覚的な言葉になりやすいですが、それを言葉と空間に しかもまだまだ日本が知られていない時代に海外での展示でどう紹介したのか興味津々です。
 トリーハウスにも上りました。これ少々危険なので上る前に誓約書にサインが必要です。これが軽井沢に実存すると思うと本当に楽しくなる鳥小屋のような書斎です(16〜18時に中に入る事ができます)
 でもって磯崎新さんもたまたま会場にいらして、お出になられたところをお客人いらして失礼とは知りながら、信号のところでお声かけさせて頂き、「間展のパンフは是非、今の人にみせてほしい」と言い放ってしましました。笑

というのは
90年代に間展を日本で開催した際、パリと同じものは展示しなかったみたいだから。磯崎氏が常に時間流れ、今、これから先を大事にされてるている事は素晴らしいけれど、時間が流れるほどにうすれていくものがあってそれを知りたいと思うのは私だけではないと思うし、どのように日本を紹介したのか その手段も今の人間がみたらいいとおもうんだけどな。東京オリンピック前だし。

そんな事を思うのは実は私だけ。。。?


画像左は軽井沢にあるトリーハウス
右は1978年パリでの日本の間展 モンドリアンの茶室

この画像つけながら思ったけれど、単に日本の伝統を伝えるのではなくその時代やその先が意識されてるな と感じる。単に茶室をもっていかないあたりが。。

Activity of space

| コメント(0) | トラックバック(0)

Activity of space
not only movement but also vibration of the air 
I love it so much
I'm very happy when I can see it.I can feel it. 
how much space move how the air vibrate....

ここのところダンスをみながら 自分が何をみたいのかどんなダンスがみたいのか考えていた。
そして、
空間、空気が動かされるのをみたいんだ! と。

空間の運動量
 
大きくても 小さくても いい 質がkeyになる
舞台上の一人のダンサーが動かすこともあれば ダンサー間 ものとダンサーの間 ダンサーと観客の間で振動することもある
あるときは 観客の存在が空気を振動させ あるときは舞台に立つ人間が空気を振動させる
空間は自由であり続けるから 人が空間動かす事ができたときその身体もおそらく自由であり続ける。
ふと そんな事を思った。

とまあ、ブツブツいえるのも少し余裕ができた証拠かな。
本日祝日、朝から教えるものの 初めてお会いする方々もいて楽しい
久々にあったSちゃんとお茶をして吉祥寺シアターでPFをみる 
ここでも久しぶりにお会いする人ダンサーがたくさん。
Kちゃんとお初お会いする方と小籠包をつまみつつお茶。笑
なんか楽しい^^ 仕事はあれど祝日っぽい。
人があうと 空気が振動するのを楽しむ本日。
さて、夜クラスを教えにいってきます。^^ Have a nice eavening

エネルギー源

| コメント(0) | トラックバック(0)
自分の稽古後
本日も 2本立てで舞台を観る。
渋谷と藤沢、
ジャンルは違えど 
どちらも別の意味でよかった。 

人が頑張ってる姿は すぐさま自分のお尻を叩くエネルギー源。
ハラショー!!!

ヤミのスペース

| コメント(0) | トラックバック(0)
10442530_933071736707363_2212788533841509305_n.jpg

美術のコレクターが

「作品を買いに行く時は体調整えていきます。作品のエネルギーに負けないように」っていってたけど、、なるほど。。。

今日は 稽古して教えて公演を2本はしご。

おなかぺこぺこ クッタクタで帰ってきました。


一つはセッションハウスでダンス花?グループ 見応えあり 私は3つめのデュオが好みですが。(田上和佳奈 渡邊絵里)
そしてワタリウムで初めて田中泯さん。(磯崎新展の関連イベント)
1978年ルーブルで開催された 「日本の間展」のイベントに 磯崎さんが田中泯を抜擢したことが今の活動へとつながったそう。そのとき、田中泯さんの楽屋を訪れた振付家は、ベジャール ピナ そしてジェロームロビンス(みんさんがウェストサイドストーリーのファンだったというお話はちょっと意外。。)
当時は、美術家 音楽家 建築家 舞踊家 が同じラインにいた。
「今はバラバラでわたしは嫌です。」と 田中泯さん。

 そういえばオペラシティギャラリーの武満徹展をみた時もその時代はそれぞれが一緒に何かを生み出したり触発し合ったりしてるのを凄く感じたなあ。。。


画像は 1978年ルーブルの日本の間展 9つのコンセプトの中心となったヤミのスペース 空間のまわりには 三宅一生さんの着物に見えない着物が展示されていたそう

カトルカール終了

| コメント(0) | トラックバック(0)
カトルカール翌日火曜 早朝クラス→昼クラス代行→夕方クラス→夜クラス ゆっくりと思い出したい昨日を思いながら時間は流れます

カラダに残った疲労感と感覚が帰路に吹く風に反応して動き出す。踊りだす。
カラダがリアルな記憶を呼び覚ます。
(うまく言葉になってない部分をお許し下さいませ)

9/15月曜 カトルカール終了。
豊かな時間でした。
「みる人がいて見守る人がいて、そこで踊る。」
そのことが、どんなに価値のある事か
今まで分かっていなかったように思います。
今まで踊ってきてるというのに。

今回空間から立ち上げる事をせず
カラダから言葉を引き出すことを優先
結果的にはカラダの記憶の引き出しが空間を刻々と塗りかえていました。
カラダは聞き分けが悪くて、ときによすぎて しゃべりすぎたりだまったりする。
本当に誠実に向き合うと純粋な言葉を発しはじめる。
面白いなと思います。

踊るということ を最優先できなくなったりしながらも
踊ってきてよかったな と思います。
いや、今、踊れてよかったな と思います。
踊る場があってよかったな と思います。

直子さん孝さん スタッフのみなさんありがとうござました。
あたたかい懐で踊らせて頂けて光栄でした。今までと同様今回もカトルカールのあることでダンスに救われました。
出演者の皆様、初めてお会いする方も多かったというのに同志という感じが今回とくにあって 一緒にいる時間が嬉しかったです。
時空を共にして下さった方々、気にかけて下さった方々 ありがとうございます。こうして関わった方々や日々の関わりがそのままダンスになっていきます。
それは言葉によるコミュニケーションより早いもの それ以前のものなのかも。

「ダンスに力はないと思ってるから!」E.N.さんが私に言ったことば。
(全くないなんて思ってないのは重々知っていたひとだけど。)
今回幾度となく思い出した言葉で うなづきながらつくっていました。
ごく小さい事が一つ ああ っておもえれば いいな って思いながら。

多くの事をみるよりも
小さなそのことをわかりあえる価値

そんなことを思いながら。
感謝をこめて。

画像:撮影:伊藤孝
 

IMG_3006.JPG

9/15踊ります

| コメント(0) | トラックバック(0)
10171218_926404954040708_8348507156023659011_n.jpg

1週間後、踊ります♪
9/15(月)祝日16時〜と19時半〜セッションハウスのカトルカールプロジェクトで、
今回は20分ほどのソロです。
8月に昔の自分の作品ビデオをみたことや、(DVDに変換したので)
旧友に会う機会があって、ここ10数年の間にこぼれていったものが入っているような気がします。
ただ、体は、今の、秋のカラダで、、
こうしたいというカラダの主張があって、今日も体から引き出す作業。
(今日はお隣のお部屋が演劇さんでちょいと大変でしたが 苦笑)
 チケットまだまだ持っていますのでいらっしゃれそうな方、是非!

セッションハウス企画:カトルカールプロジェクト
今回は9/13Partie1と9/15Partie2があります。
時間は共に16~/1930~の2回公演
料金は前売2800 当日3000 学生2500 です。

Partie1 渡辺由美 あきたけだ モモ 河村靖子
Partie2 DEBEDEBE★company Junko okuda サブリミナル 近藤燈子&山本光二郎

10600634_921680331179837_6738949481452618590_n.jpg

最近のコメント

アイテム

  • 10603769_934396656574871_3850235230722573614_n.jpg
  • 10685562_934396969908173_4258279618869176677_n.jpg
  • 10687011_934399106574626_30784221112968620_n.jpg
  • 10351589_920136261334244_73125660190030954_n.jpg
  • 10392300_920136241334246_768085928906421195_n.jpg
  • 10530909_900964336584770_1554388589252468429_n.jpg
  • 10525579_900963676584836_6866574290153225066_n.jpg
  • 10600634_921680331179837_6738949481452618590_n.jpg
  • 10171218_926404954040708_8348507156023659011_n.jpg
  • IMG_3006.JPG