2014年2月アーカイブ

ソロ公演批評

| コメント(0) | トラックバック(0)
気がつけば2月も後半にさしかかりました。
この2月はいろいろ楽しい出会いもあり、充実した日々を過ごしています。
とくにエネルギーの質や流れ について昨年のソロ公演以来考えていたことがあり、1月の深谷さんの公演の際にもまた発見があり、自身の中で日々更新されています。
お会いする方々の中には、その一端をかいま見られてる方もいると思います。
閉じ込めておくよりは循環させた方がいいですからね 笑

さて
昨年11月Junko Okuda solo ver.7 「Edge鋭」の宮田徹也氏による公演評が音楽舞踊新聞2919号に掲載されました。宮田様ありがとうございます。ダンスという無形のものは文字にされる事によりその存在を時間軸に明記されるように思います。公演の日より頭から離れた事の無いEdge鋭 さあ、文字になったその先へ踏み出すときがきました。
音楽舞踊新聞お求めは音楽新聞社(0463-89-3250)へ
1743727_731777176857265_193200733_n.jpg

最近のコメント

アイテム

  • 1743727_731777176857265_193200733_n.jpg