休日〜出会い〜(ギャラリー紹介 volcanoise)

| コメント(0) | トラックバック(0)
本日休日。
早めに目覚める。
先週末は、友人を家に招いてご飯会だったので今日は外出と心に決める。
雑用片付け、気になってた犬散歩へいく。 
相変わらず、社交家のカミュと引っ込み思案のミューズ 
いろいろな飼い主さんに出会ったり、通りすがりの方に声かけて頂いたり 
犬を連れてると、ほんといろいろなひととコミュニケーションをとれたりする。 
犬を飼うことにした時、ちょうどダンス以外の人と知り合いたくて、
そう、実際にいろいろなひとと出会うことができた。
カミュちゃんがミューズを生んでくれたおかげで、ドッグショーもチャレンジして、犬業界を覗いたり、2匹の正確の違うこたちと暮らしいろいろ教えてもらったなあ。。
久々のロング散歩。
紅葉蚕糸の森20101114.jpg










 
犬散歩20101114.jpg




















終えて
御徒町で買い出し。。。 
お茶の水へ 

ギャラリーVolcanoise 
作家 鴻池朋子さん とセゾン美術館(軽井沢)の学芸員の坂本さんが共同で立ち上げた 要予約のギャラリー 木曜日曜13時15時17時 
現在の展示は11/18から12/26までやっている。 
 
鴻池さんも坂本さんもとても気さくな方。 
きていらっしゃる方々が知ってるような知らないようなそんな方々でしたが、長々と楽しくおしゃべり。お話できてよかった。 
鎌倉いかずこちらにしぼてよかった。(当初いく予定でした) 
通常展示される事がないような、下絵などレアなものをてにとってみれる 
落ちつく感じの空間です。 

コレクション ある人の集めた もの という視点から 
選ばれたものとのことで、 
いわゆるギャラリ−のみせかたより  
もう少し皮膚に近い感じがしました。 
ほれ、作品やで。 っておかれてる距離感のあるものじゃなくて 
個人宅にいってみせてもらってる感じ。 
ギャラリーのコンセプトがうまくでてるなあと思いました。 
いらしてる方々ともゆっくりお話できて楽しい。 

帰り際、鴻池さんに 
「友人に紹介したいと思いますが 
どういう人にきてもらいたいですか?」 
ときくと 
「その辺歩いてるような人にきてほしい。 
  そうしないとアートが変わっていかない」 
「ですよね!」 


あまりギャラリーに行かない人はもちろん 
ものづくりをしてる人も 
何か悩んでる人も いってみたらいいと思う。 
(鴻池さんファンは、みたらそうとう幸せだと思う。)

時折 電車がとおりすぎ(この辺はブランクラスと重なるが) 
下には水が流れて 
静かにみる人の奥に何かパワーをくれるように思う。 
http://volcanoise.com 


私自身人を引き合わせる場をつくりたいなあと思っているし 
まわりにそういう企画をする人が増えてきている 
ネットで横のつながりもつくれる時代だが 
やはり実際に会う温度のあるコミュニケーションの必要性を 
人もアートも欲してるのだろうと思う。


それにしてもラッキーな日だった。
ネオテニーのあとファンになってオペラシティでインタートラベラーをみていつかおあいできたらいいな と思っていた鴻池さんご本人とお会いできて。
思えば 他のところに出かけるよそ見を朝から断ち切る日だった。
それぐらい私の中で重要で
いけたら他で得られる以上のエネルギー供給が出来る確信があった。
此のエネルギーむくむく私の中で増幅中 
どう方向付けるのか自分で楽しみです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.junkookuda.com/mt/mt-tb.cgi/89

コメントする

最近のブログ記事

あっという間に
20から先は年々早くなる  っ…
休日〜出会い〜(ギャラリー紹介 volcanoise)
本日休日。早めに目覚める。先週末は、友人…
フォトギャラリーこちらへup
そんなわけで とりいそぎアップした分をこ…