2010年11月アーカイブ

あっという間に

| コメント(0) | トラックバック(0)
20から先は年々早くなる  

って誰かがいってたけど 

ほんと 

なんて早かったんだろう。。。 

30代最後の年になりました。 


何があったか思い返すと、、 
しっかりどっしり濃い時間がつまってる 


20代は学生から一応社会人?になって舞台にバイトに怪我もしたけど国のボーダーを超えてあちこちかけまわって、日本にもどり活動し始めた 

30代は寝る暇のあまりない定住生活 
初めてのソロ公演から始まり   
犬を飼う 犬の出産 ドッグショーチャレンジ  
ソロ作品ぼこぼこつくり海外持ち出し 
渋谷松濤で自分のクラスをひらき(やがてとじ) 
踊りたかった場所での実現が叶い 
共同で立ち上げたダンス企画を勢いよく2年まわし 
ホームページ立ち上げ 
自主企画を立ち上げイベント(アート ダンス)実行 
メディアにのせて頂いたり 
美術館ギャラリーでのダンス企画 
自宅アトリエ開設 
 
体力的にアップダウンもあって 
思うところもいろいろあったけど 
楽しい30〜38歳 
けっこうたっぷりぷり 
がむしゃらといえばがむしゃら 笑 

ようやく最近じゃないかなあ 
落ちついて味わうことができるようになったのは。 
明らかに本当の意味で理解するということを実感してそのうえで考えることをしている気がする。 

うまくいえないけど、 
それが心地いいんだな。 
次のセクションにはいってる感じがする。 

30代最後 
志し高く 
楽しみながら 
走り歩き進みたい思う。 

誕生日目前に会いたかったアーティストさんとも会えた。 
望みはかなう 
望みはかなえるもの 
だから望みはもちつづけるべき 

人との出会いを日々大切に味わいつつ 
あげられるものはさしあげる  

おっと1年の最初の1時間があっというま!笑 


父と母にありがとう! 
今まで出会った全ての皆様にありがとう! 
そして 
また、こんな私ですがどうぞよろしくお願いします。 2010 11 18
本日休日。
早めに目覚める。
先週末は、友人を家に招いてご飯会だったので今日は外出と心に決める。
雑用片付け、気になってた犬散歩へいく。 
相変わらず、社交家のカミュと引っ込み思案のミューズ 
いろいろな飼い主さんに出会ったり、通りすがりの方に声かけて頂いたり 
犬を連れてると、ほんといろいろなひととコミュニケーションをとれたりする。 
犬を飼うことにした時、ちょうどダンス以外の人と知り合いたくて、
そう、実際にいろいろなひとと出会うことができた。
カミュちゃんがミューズを生んでくれたおかげで、ドッグショーもチャレンジして、犬業界を覗いたり、2匹の正確の違うこたちと暮らしいろいろ教えてもらったなあ。。
久々のロング散歩。
紅葉蚕糸の森20101114.jpg










 
犬散歩20101114.jpg




















終えて
御徒町で買い出し。。。 
お茶の水へ 

ギャラリーVolcanoise 
作家 鴻池朋子さん とセゾン美術館(軽井沢)の学芸員の坂本さんが共同で立ち上げた 要予約のギャラリー 木曜日曜13時15時17時 
現在の展示は11/18から12/26までやっている。 
 
鴻池さんも坂本さんもとても気さくな方。 
きていらっしゃる方々が知ってるような知らないようなそんな方々でしたが、長々と楽しくおしゃべり。お話できてよかった。 
鎌倉いかずこちらにしぼてよかった。(当初いく予定でした) 
通常展示される事がないような、下絵などレアなものをてにとってみれる 
落ちつく感じの空間です。 

コレクション ある人の集めた もの という視点から 
選ばれたものとのことで、 
いわゆるギャラリ−のみせかたより  
もう少し皮膚に近い感じがしました。 
ほれ、作品やで。 っておかれてる距離感のあるものじゃなくて 
個人宅にいってみせてもらってる感じ。 
ギャラリーのコンセプトがうまくでてるなあと思いました。 
いらしてる方々ともゆっくりお話できて楽しい。 

帰り際、鴻池さんに 
「友人に紹介したいと思いますが 
どういう人にきてもらいたいですか?」 
ときくと 
「その辺歩いてるような人にきてほしい。 
  そうしないとアートが変わっていかない」 
「ですよね!」 


あまりギャラリーに行かない人はもちろん 
ものづくりをしてる人も 
何か悩んでる人も いってみたらいいと思う。 
(鴻池さんファンは、みたらそうとう幸せだと思う。)

時折 電車がとおりすぎ(この辺はブランクラスと重なるが) 
下には水が流れて 
静かにみる人の奥に何かパワーをくれるように思う。 
http://volcanoise.com 


私自身人を引き合わせる場をつくりたいなあと思っているし 
まわりにそういう企画をする人が増えてきている 
ネットで横のつながりもつくれる時代だが 
やはり実際に会う温度のあるコミュニケーションの必要性を 
人もアートも欲してるのだろうと思う。


それにしてもラッキーな日だった。
ネオテニーのあとファンになってオペラシティでインタートラベラーをみていつかおあいできたらいいな と思っていた鴻池さんご本人とお会いできて。
思えば 他のところに出かけるよそ見を朝から断ち切る日だった。
それぐらい私の中で重要で
いけたら他で得られる以上のエネルギー供給が出来る確信があった。
此のエネルギーむくむく私の中で増幅中 
どう方向付けるのか自分で楽しみです。

そんなわけで
とりいそぎアップした分をこちらへ。

こちらのアップとともに
プロフィールの最後にメディア項目追加しました。


アップ済みはこちら

2006年

動画はこちら 透tou動画

2007年
 

2010年

久々チェックして、、
そう、、でした。。
前のHPのギャラリーパーツを利用してつくられていたものなんですが
消えてます。
youtubeは問題ありませんが
スライドショーはしばしおまちくださいませ。。。

賑やかな秋

| コメント(0) | トラックバック(0)
あれよあれよという間に
今年も残すところ7週間と5日
まあ、まだ2ヶ月弱あります。笑
単に時間の経過の早さに驚いてることをいいたかったのです。笑

先週末は、BlanClassで楽しい時空を過ごさせて頂きました。
共に時空を過ごして下さった方
気にかけて下さった方
どうもありがとうございました!
この日の軽食はほっくりあったまる大根スープとニンジンサラダ
BlanClassオーナー小林さんのお手製だったんですよ。
今回完全即興で擦り合わせなし、
会話するように即興。
そのために即興の前に必ず会話を口頭や紙の上でおこなっていました。
ハロウィンの本番では 
会話が展開するように即興が展開していき面白かったです。
完全即興はみる側にもやる側にもバクチみたいなもので
きて下さるだけでも本当にありがたい!
なのに、あったかいしっかりとした拍手を頂いて
中村さんと私びっくりでした。
中村さんの奥様からは赤いバラを頂いてこれもびっくり!
というのもこの日の衣装、ソロは赤いドレスきてたんです。

このドレス2003年にテルプシコールでの第2回ソロ公演『静かな距離』をやったときのもの。
あのときに封印したものがあって今年は1月末の骨の記憶冬の章あたりから
徐々に封印を解いていて、この日解禁。そんな日でした。
封印したと思っていたものがいつの間にかこの日以前に少しずつこぼれだして、ごくごく自然に私の言葉となっていたのだなあと今こうして思い出しつつ感じています。

こうしなければいけない
こうでなければいけない
そういったものを取り払って自分の声に耳を澄ますソロ
中村さんの言葉(ダンス)を感じ取るよみとるかえすふたりのところ
全ては、みる人がいなければ成り立たないものでした。
根気づよく最後までおつきあい下さった方々感謝の気持ちで一杯です。
私自身(私の中の私)が
しゃべった(踊った)後というのはひどく安定していて、ほっとしていて
忙しいながらもいい1週間を過ごしていました。
今回の企画を実現させて下さったBlanClassの皆様に感謝の気持ちで一杯です。
ありがとうございました。


11/3は朝から西船橋→飯田橋→荻窪→銀座 とスタンプラリーのように
移動してクラスを行っていました。
ご参加下さった皆様どうもありがとうございました!
アクシデントもありましたが皆さんに助けられ無事終えることができました。
この日はリラクゼーション系のクラスが多く
どういった事が一番いいかなあと考えた時に
マシンエクササイズでは得られないご自身との一体感というのを感じて欲しくて
イメージトレーニングみたいなものをアロマテラピーと一緒に提供させて頂きました。
体は体だけで存在するものではないのですもの。
皆さん素晴らしい集中力であっという間の60分でした。
また機会がありましたらよりよいものへ改良しつつご提供したいと思います。

金曜は子供クラスの皆さん元気にお顔みせてくれてよかった!
小さくたって大人と同じに考える事思う事が満載でなにかが一杯になってしまうことがある
乗り越えて笑顔できてくれる子供達にたくさんパワーをもらいました。


10月のクラスで使っていたシャンソンがあっという間に合わなくなった
足早に寒くなった10月でした。
でも、さみしいような感じのする秋ではなく
今年の秋はなにかにぎやかな 華やいだ感じがする秋
実りの秋 まさにそういう感じです。
感謝!!!


ああ、そうそう
BlanClassでのPFどういうものにするか話あいをはじめた当初から私の中でかわらないものがありました。

こぼす こぼれる

踊りにせよ 会話にせよ
こぼれていくもの 
みおとしていくもの
がある
それをいいよ〜とすること
その行為をみとめること
これがとても大切で
何かを掘り下げたり
考えなおしたりする時には特に大きな鍵になるだろうなってこと

こぼれる事はいい事だ

今もさらに強くそう思います。

アイテム

  • 冬DSC09593:6c.jpg
  • 冬DSC09595:6c.jpg
  • 冬DSC09597:6c.jpg
  • 冬DSC09681:650px.jpg
  • 冬DSC09682.JPG
  • 冬DSC09692:6c.jpg
  • 冬DSC09665:6c.jpg
  • 冬DSC09710:6c.jpg
  • 犬散歩20101114.jpg
  • 紅葉蚕糸の森20101114.jpg

タグクラウド