2010年10月アーカイブ

10/31踊ります

| コメント(0) | トラックバック(0)
だいぶ寒くなりましたね。 
皆様お元気ですか〜? 
お久しぶりに踊ります。 
今回は即興な感じです。 
今年始めにギャラリーえいじうさんで 
新年企画 福笑い をやらせて頂いた際に 
ご一緒させて頂いたダンサーの中村さん 
と即興PFです。 
場所は 
ちょっと都心から離れた隠れ家的素敵な場所 
ブランクラス  
しろ〜い空間です。 

10月頭に打ち合わせしてたんですが 
「男のロマンを女が壊していく感じ」 
ってずいぶん前の全く別の企画でいわれたことを思い出しました。 
私としては、壊してるつもりはないですけど 
なぜか、、ふと思い出したんですよ。 
ってことは壊してるのか? 笑 

最近 ダンスPFを観る時 レッスンしてる時 
踊る人の体をみていて思うのですが 
年を重ねてきた人の体って 
顔のシワみたいに 使い込まれた味があるな ってこと。 
 そういう 体に貯蓄されてきたその人の時間を美味しく味わって頂けたらいいな 
と思うのですが 
そういうものはみせようとすると  
途端に人の視線からこぼれおちてしまうもの。 
10/31にそういうものが目撃できるのか は 
まったくの未知数なのですが 
読書したり、人の会話に耳を傾けたりする  
そんなスタンスできていただけたらいいなと思います。 
今回 1300円で なんと軽食付き  
ケルト人にとっては、1年の終わりという10/31ハロウィン 
一緒に過ごして頂けたら嬉しく思います。 


予約は私あてのメールinfo@junkookuda.comでも 
直接BlanClassでも、かまいません。 

INFOウェブアクセス 
http://blanclass.com/_night/archives/3698 



中村達哉/Junko Okuda「from ENTRANCE to EXIT」 

16:30開場 
17:00開演 

一般1,300円 
学生1,100円 

場所 BlanClass 

Mail info@blanclass.com 
Fax 045-731-3178 
〒232-0006 
神奈川県横浜市南太田4-12-16 

アクセス: 
京浜急行[井土ケ谷駅] 
(横浜駅から下り普通で5つ目) 
改札を出て正面の信号をわたってすぐを左折 
1つ目の交差点を右折、2つ目の角を左折 
三井のリパークの後ろの白いblanClassの看板がある 
細い段々の路地を上がって、右の建物の2階がblanClass 


〜〜from Entrance to Exit〜〜 

会話がターンテイキングでネックレスのようにつなげられるよう 
入口から出口まで ダンサー二人が紡いでいく。 
blanClassの空間で始まりblanClassの空間で終わる。 
会話は入口から出口まで続くのだが、観るという行為自体が会話への参加であるといえる。 
*ターンテイキングturn-taking:会話における話者の交代(バトンタッチ)  

 からだには入り口があって、出口がある。 
眠るとき 起きるとき すこしかがんでみるとき あるくとき 
わらうとき さけぶとき 見上げるとき ダンスといううごきからはなれて 
散歩にでてまた戻ってくるように 入り口から出口へぬけていく 

中村達哉 Tatsuya NAKAMURA 
1998年より現在まで、ダンスカンパニー「イデビアン・クルー」に参加。 
パフォーマンスシアター「水と油」の作品や山下残の作品などに出演。 
ソロ活動として、ギャラリーや野外でのパフォーマンスを継続的に行うほか、 
最近では大学や劇場を中心にワークショップ活動を展開している。 
stスポット主催「ヨコラボ'10」集団創作コースオブザーバー担当。 

Junko Okuda 
ダンサー/振付家 
ときおり人の非日常の扉を開くイベントを企画。踊る場は、劇場を飛び出し美術館、ギャラリー、カフェ、街中、時折国境を越える。2009年、劇場に戻る。2010年は 作品ありき企画ありき→場所探し のスタンスで活動中。 
身長:177cm/容姿:長い。 
踊り、創り、生活することを味わうことのできるようになったのは最近の事 
ウェブサイト:www.junkookuda.com

明日

| コメント(0) | トラックバック(0)
31日台風直撃 
巨大な窓のあるBlanCkassで 
暴風雨でがたがたする窓とともに踊るのは 
さぞ楽しいであろう 
と わくわくしていたのですが 
あれ? 
どうやら明日は大丈夫そうですね。 

きてくれる方々の足が保証されているにこした事はありません。 

水曜 金曜 と仕事こなしつつ 
BlanClassでこもってきました。 
ほんとは毎日通ってからだがとっぷりあの空間に浸りたかったのですが 
でも、かなり今楽しい。 
即興なのでふりが決まるわけではないのですが 
体と頭にしみこんでいくんですよ 
空間 と 過ごした時間と 会話 と 
それが即興した時にでてくる 
当然当日いらした皆さんによってもいろいろ影響を受ける。 

はじめに 
中村さんと私 それぞれソロで即興ダンスしたあと 
ふたりで始めるんですが 
水曜は丁寧な会話から始まった印象 
金曜は 「でさあ」 みたいな勢いある会話 

実際言葉ではなすとき 
話を聞く 丁寧にかえす中村さん。 
はて 今日はどんな感じになるんだろう 

なんか起きそうな予感がしてる。 
まあ、そこをねらってやってきてるんだけど 

終わってからトークがあり軽食しつつ皆さんとお話も出来ます。 
とても居心地のいい空間ですよ。 


台風のため予定をキャンセルしちゃったそこのあなた 
ふと 気が向いたそこのあなた 
BkanClassオーナーのお手製軽食もありますし 
いかがでしょ? 
飲み物は有料だけどビール一缶350円だったかとソフトドリンクはもっとお安い 

ケルト人にとっては一年の終わり 
お会いできたら あら嬉し! 

11/3 祝日プログラム

| コメント(0) | トラックバック(0)
11月3日文化の日
映画を見に行くもいいし
美術館にいくもいい
でも 体に栄養与えてみるのもいいと思うのですよ。

ということで
11月3日のレッスンお知らせ
全てコナミスポーツクラブですが
会員でない方も施設体験(有料)というものがあり、参加できますので
詳細は各店舗におききになって下さいね。

10:30~11:30 コナミスポーツクラブ西船橋 バレエ(リラクゼーション)
12:45~13:45 コナミスポーツクラブ飯田橋 アロマストレッチ
16:45~17:45 コナミスポーツクラブ荻窪  オリジナルケア(リラクゼーションストレッチ)

*バレエ(リラクゼーション)
ストレッチなど体をほぐしつつバレエのエクササイズを行い意識を体の中に落とし
体のセンターから動かす事を楽しみます。

*アロマストレッチ 
 アロマオイル(エッセンシャルオイル)
体の奥に働きかけるという点で共通しているアロマとストレッチ 
潜在意識にまでつながる臭覚と筋力の両方へのアプローチにより 体の奥深くから体を目覚めさせ体の可能性を広げるストレッチをします。 
足のマッサージ 美しい姿勢のためのエクササイズも行いますので 美しいボディラインを目指してる方是非!  
 アロマオイル(エッセンシャルオイル)
ストレッチに驚くほどの効果をもたらします。今までアロマおオイルを用いてのレッスンで
私も受講者も実感しています。香りは潜在意識の奥深くにまで働きかけますから。
エッセンシャルオイルを日々のケア、風邪などの薬として愛用し始め15年、その効用は素晴らしいです。
 ストレッチ
体を整えるためのストレッチです。体の循環をよくさせて
夏の疲れなど体のだるい方にはうってつけ
ハードなレッスンの後や前にも効果的
 
オリジナルケア(リラクゼーションストレッチ)
ストレッチ ピラティス 
カラダの奥へ意識を落とし
骨格を意識しつつ関節を緩め体を稼動させ
すっきりと気持ちよくたてる体をつくります。

雨の日の横浜

| コメント(0) | トラックバック(0)
くあ〜 よくねた〜 
って、 
久々の快眠から目覚める。 
いや今週2回目の快眠。 
深夜自宅リハ(というかリサーチね)の後は決まってよく寝れる。 
体が納得してるっていうか。。。 
今日も午前中やるつもりだったけど、 
起きてみればお昼までもう一歩。 
しゃあないね。昔ならここで自分にいらついてるんだけど 
まあ、いいよ。 

午後一番のお話合にでる 
70歳代の方60歳代の方50歳代の方40歳代の方 
それぞれいい分はあって 
自分の生きてるうちにはすませて 後の人間には負担を残さない  
というスタンスの70歳のかた。人間として強いなあとしてつくづく思う。 
 今受け持ってるレッスンにいらして下さってる方で70歳代の方が何人かいて 
この方達 体も精神力も 卓越してる 
看護士の生徒さんにいうと 
「ふるいにかけられても生き残ってこられた方達ですので強いんです」って。 
そうなのよ。ほんとに。 
「あらサウナと水風呂?心臓にきますわよ。友人水風呂で無くなりましたもの。 
一気にあちらへいきますから苦しまずに手を患わせずにすみますけどね。ほほほ」 
だって。。。 

 一方で子供クラスでは 
「いいのよ。帰りたかったら帰って」という私の言葉に帰るこはいない。 
泣いてる子をみて 
「先生xxちゃんも一緒にお稽古したいんだけどどうしたらいいかなあ?」 
「なんで泣いてるのかなあ?」 
ときけば、適確な意見が帰ってきて  
いいこいいこして手をつなげばいい って。 この子5歳です。 
 6年ほど前にインターナショナルスクールの子供達のバレエクラスを産休代講でさせて頂くことがあって、そのときに、言葉が通じず(英語で行われるので)泣いてる子供の方を抱いてやる子供をみつつ、 
どうしたらこういうことができる子供になるのだろうって、 
そういうことのできる子供達を育てたいなって春からやってきて 
もう感無量。まあ、ご家族がいいのだと思うけど、春先はママの後ろにかくれるような○○ちゃんだったんだけど。びっくりですわ。 



って、ちっとも横浜の話に辿り着かない。苦笑 
まあつまり こういう皆さんのがんばりや進化進歩があるから 
深夜の自分リサーチもごくごく普通のこととしてできてるってことをいいたかっただけ。 
人は人からエネルギーを頂いてるんです。 
深夜クラスへ仕事あときてくれる人とか、体の不調がありつつもきてくれる人からも。 
もちろん元気いっぱい笑顔で来て下さる方からも!

さて、、 

横浜ね 

今日は友人の公演があって 
横浜へ行きました。 
どうせいくなら 美術館もと 
ドガ展みてきた。 
やっぱりこのひとすごいなあって 
初期の頃って明暗のコントラストを利用していてね 
ハイライトを上手に入れるてるのね。 
な〜んて偉そうにいってたら怒られそう。苦笑 
あくまでも素人の見解ですよ。 
線だけの美しさでいったら、セツ出身の線の美しい人の方がきれいだわ。とか。。 
ドガは、あくまでも洋画 面でとらえてるんだな。 
でも、アクアチントなんかでかかれてるものはいいよ〜 
これをみるだけでも、このドガ展一見の価値あり。 
個人蔵のものやらあちこちから集められてるし。個人的には 浴後(リトグラフ) 
が好きだったな。 
でね、 
ドガが裸婦を描くようになったときにいっていた言葉に 
「私はあるがままの女性の姿をかく。絵を観る人は鍵穴を通してみている」 
ちょっと言葉は違うと思うけど。 

 これをよみながら 
時代的なものと表舞台の踊り子と考え合わせてみてね 
今は裸体もたくさん流出して 
鍵穴を通してみるような裸体作品も減ったよな。って。 
それは良くも悪くもあって。。。ね 
フェミニストといわれようと 
女性の裸体は大切にあつかって欲しい


最近では個人でデザインしたものなんかがヤフオクで売られ 
そういったものを手に入れる事も容易くなって そういうレアなというか個々のこだわりでつくられたものを探し自分の趣味に合うものを見つけ手に入れることができる。 
美術作品も 1人でみるタイプのものとか 
あまり手を加えすぎてないものとか そういうものが評価されたりして 
表 と 裏 
パブリックとプライベート 
 の 裏 や プライベート が人の 目 や 手 にとられる事が容易く多くなった 

人のプライベートや裏 はどこにいくのだろう 
           ここ最近思っていた事。 
  
 ドガの 
踊り子 と 裸婦 という 
表舞台 と 秘められた日常 というものをみつつ 
これで公演なんてみにいって大丈夫なんだろうか? 
などとかんがえつつ美術館をでた。 


友人の公演は 
彼女の今考えてる事やろうとしていること 
それをとりつくろわずに 
舞台にのせたその勇気におおいに拍手を送りたい。 
個の普遍性のキーが確かにひそんでいたと思う。 
次の作品が楽しみでならない。



 雨の日の横浜みなとみらいは 
よりいっそう現実味を欠いて 
光を乱反射していた。 


ひとりひとりの個が直接的にこすれあっていた一昔前 
ひとりひとりの個がカタチなきところではいりこむことができる今 
共有範囲が充分に広がったところで、ひとはまた昔とはちょっと違う個を 
もつのではないかなと思う。 
それが 
アートにどのような状態をもたらすのかわからない。 
ああ、 
今ふとおもったのだけど 
デザインとファッションは個人が対象で 
アートは個が対象。。。 


帰り道ばったりあったM氏が80年代の話をしていたけれど 
あの時代を人はここから先なんども繰り返し消化していくのではないかな 
とふと今こうしてかきながら思う。 
まったくなんの根拠もないのだがね。笑 
パブリックが元気だった パブリックの中で個人が生き生きしていた時代。 


そうだな、 
個に向かうのはエネルギーを蓄えてる時期なのかも。。。 
自分の部屋でリサーチして快眠をしてる私にリンクさせてみる 笑 


こわれかけた折りたたみ傘をかわかしながら 
考え事は雨の中から帰宅する。

踊る の定義

| コメント(0) | トラックバック(0)
今年春からスポーツクラブでレッスンをもたせてもらうようになって 
時折耳にするのが 
「私踊るのは嫌いなの」 
ボディコンディショニングのレッスンで 
体を循環させる 意味でやっているシークエンスに 
そういう反応が出たりする。 

エクササイズとしてやっていればエクササイズ 
気持ちが踊ってきたら踊り 
私はそう思っている。 

どうやら 
踊らせられる という事が嫌ならしい 
短い シークエンス ムーヴメントなのだが 
ご本人が踊りといってる時点で 
やはりそれはその人にとっての踊りなんだろうと思う。
踊るのが嫌という人に限って 
年齢問わず結構動けて 
みていて清々しいのだが
嫌なのかなあ。。残念。。。







何が踊りで 

何が踊りではないのか 


これは、人によって違う かと思う。 



例えば 

立ち尽くしていても 
歩いていても 

踊りとしてやっているときは 踊る だと私は思っている。 


この考えでいくと 
エクササイズとして行っている状態は 
踊る ではないはずなのだが 
オーガニックな動きに関しては、 
体の流れや体の声を聞きながらやると 
踊る になっていく。 
いや、 
オーガニックな動きでなくとも 
体の声に耳を傾ける時 
それは自身との対話になって 踊り になるんじゃないかなと思う。 

ふと 
そんな事を思った。
あっという間に
涼しく
いや寒くなってまいりましたね。
お芋が美味しい!
梨がおいしい!
実りの季節
食欲の季節
美味しい季節なので
多少太ったっていいじゃありませんか というのが私の思い
冬に備えて蓄える時期なので多少の増加はほっといてしっかり味わいましょう。
そして
より美味しく味わうために体のケアもしてあげましょ!

というわけで
今月の祝日プログラム!
10月11日月曜
今回も3カ所スタンプラリーのように移動しておこないます!

10:35〜11:45(60minバレエ)    コナミ西船橋
14:15〜14:45(バレエストレッチ) アリススポーツクラブ(中野 コナミです!)
15:00〜16:00(60minバレエ)    アリススポーツクラブ
17:30〜18:30(ボディコンディショニング) コナミ荻窪

各店舗 体験というのがありまして会員ではない方も参加可能です。 



マツザカヤカルチャースクール(銀座 御徒町=上野)
では10月末まで入会金無料!!!
体験レッスンは1575円です。
まずはお試し体験してみましょう!!!
J.Oの担当クラスはクラス情報のところにのっています。


「 無駄な事なんてひとつもない 」


これは私がいつも思ってる事ですが

ホント

生きていく上で無駄な事なんて

ひとつもない

どんなささいなことも

いい事も悪いことも

大きな事はもちろん
(私はけっこうこれを軽く扱ってしまうことがあるんで自分に言い聞かせてますが、
大きすぎて自分の中で大きく受けとめることを忘れてしまったりするのです。)


ふと、
先日人に

 無駄な事なんてないよ
それ(話題になってた事)が無駄だとしたら人生無駄だらけよ

ってこといったのを思い出しつつ



自分次第だよな って

後天的に
自身で価値を見いだす事
大事だな って

意味がない 価値がない という価値判断もいい
意味がある事がその人のなかにはっきりしてるのであれば

問題は自身の尺度をもってるかどうか ってこと


そして
日々起こる事を
成功 失敗 
喜び 悲しみ
怒り 愛
それらをここから先にどう反映させていくか
それが
生きるということを面白くする


ちょっと長く感じるような時間も
あっという間に過ぎ去っていく時間も

大切な思いでも
なぜ覚えてるのかわからないような記憶も

喜びで満ち足りた気持ちも
焦りや 悲しみ 喪失感 恐怖 憎しみ も
愛情で他が見えなくなってしまうようなときも
欲に任せてコントロールを失ってしまってるときも


どれひとつとっても
無駄な事なんてひとつもない
こうしてただここにいることさえも

全ては 無駄な事なんか一つもない

生きてる

生きるときに遭遇すること全ては
無駄な事なんてひとつもない


どれも愛おしくて
そして
こうして生きてる事にひどく幸福感を覚える。

ありがとう。。。
どんなことも

タグクラウド